医療現場における専門技士

勉強

放射線のスペシャリスト

現代の医療においてはさまざまな検査機器や治療機器の使用が不可欠となっており、その性能も専門化・高度化しています。こうしたことから、多くの医療機関ではそうした機器の操作等のために専業者を置くようになっています。その1つが、診療放射線技師です。診療放射線技師は、エックス線撮影やCTスキャン、放射線治療など放射線を用いた各種検査や治療に携わる専門職です。また、医療機関によってはMRIや超音波検査など、放射線は用いないものの類似の操作を行う医療機器を取り扱うこともあります。診療放射線技師は国家資格を保有する者のみが従事することを許される独占業務です。資格を得るには、文部科学省が指定した大学や短期大学、都道府県が指定した専門学校のいずれかで所定の単位を修め、必要な知識及び技能を修得したうえで国家試験に合格する必要があります。資格取得後の就職先は病院やクリニックなどの医療機関が大半を占めますが、放射線に関する専門知識を買われて各種検査機関などで活躍する人もいます。診療放射線技師試験の受験資格を得るには、大学の場合は4年、短期大学及び専門学校の場合は3年以上の学習期間が必要となります。医学はもとより、物理学や工学など幅広い分野について学習を行います。こうした学校の中には、放射線を工業用に使う場合の知識や技能について学べるところもあります。そのため、ガンマ線透過写真撮影作業主任者など診療放射線技師以外の資格を併有する目的で学ぶ人もいます。

Copyright© 2018 国家試験に合格して柔道整復師を目指す【一定のカリキュラムを受講】 All Rights Reserved.