女性

医療施設の検査技師の仕事

臨床検査技師は、専門の学校で学んで受験資格を得て、難しい国家試験に合格する必要があります。そして、患者の病気の状態を知る為に、医師の指示に従って、必要とされる色々な検査を行う働き甲斐のある仕事といえます。

詳しく見る

勉強

医療現場における専門技士

診療放射線技師は、病院やクリニックなどで放射線を用いた治療・検査などを行う際に機器の操作等を行うスペシャリストです。大学・短大・専門学校のいずれかで3年以上学ぶことで、国家試験の受験資格が得られます。

詳しく見る

マッサージ

美容と健康をサポート

様々な体の不調を自分で解消できると嬉しいですよね。リンパマッサージスクールで技術を学ぶことで、セルフケアはもちろん身近な人の健康をサポートできたり、サロンやクリニックへの就職という道もあります。リンパマッサージスクールで学びながら人を自分を健康に、さらには綺麗も手に入れてみてはいかがでしょう。

詳しく見る

男性

手に職をつける

柔道整復師の活躍はその専門性のため、病院だけではなく、介護施設やスポーツ関連施設やスポーツ大会、自治体と協力して地域に貢献するなどそのニーズは非常に高いと言えます。その知識と技術、経験を生かして患者に寄り添い、痛みを緩和する柔道整復師の活躍はまだまだ広がるのです。

詳しく見る

男の人と女の人

病院の検査技師になる方法

臨床検査技師に関しては、医療施設のみならず保健所や健診センターなど非常に多くの勤め先で活躍しています。臨床検査技師を目指すには高等卒業後、大学、あるいは専門学校などで養成課程を修めて、国家試験にパスしなければなりません。

詳しく見る

手に職がつく

男性と女性

独立開業も目指せます

柔道整復師になるには専門学校などに通って一定のカリキュラムを受講して、必要とされる専門知識と技術を習得した後、国家試験を受験し、合格しなければなりません。合格すると厚生労働大臣から免許を与えられ、柔道整復師という国家資格を取得することができます。柔道整復師は整骨院や接骨院といった名称で治療院を開設ができ、整骨院や接骨院は健康保険が適用できる事業所になることができます。全額自己負担ではなく、利用料の一部のみを窓口で負担すればいいので、訪れる人も増やすことができ、集客もしやすくなって信頼も高められるメリットがあります。柔道整復師は柔道の受け身や鍛錬などから生まれてきた技が元になった整体技術ですが、学んだり、資格を取得するうえで柔道の経験は求められません。男女問わず、受講や受験ができますが、柔道をはじめ、スポーツ経験者に人気がある資格です。治療内容は骨折や脱臼、打撲、捻挫などのケガの治療やリハビリ、肩こりや腰痛、神経痛などの神経や筋肉の痛みの緩和などで、手技による治療のほか、温根治療器や赤外線治療器などの機器やテーピング療法などの器具を使った治療も実施しています。患者となる対象はお子さまからシニアまで幅広く、日常生活での転倒事故やスポーツ中のケガ、加齢や家事、労働などによって生じる痛みやコリなどの改善を求めて来院する方がいらっしゃいます。地域を問わず人気のある治療ですので、手に職をつけて将来的にも活躍できます。

Copyright© 2018 国家試験に合格して柔道整復師を目指す【一定のカリキュラムを受講】 All Rights Reserved.